小さいバストも放置するとさらに小さく。バストケアで美乳に!

バストアップ.com

バストアップ

小さいバストも放置するとさらに小さく。バストケアで美乳に!

<小さいバストも垂れる>
「自分のバストは小さいから垂れないし、年をとっても豊満なバストの人よりは綺麗なバストを保てる」と思っている方も多いです。確かに垂れにくいと言う点ではそうですが、バスト周りの皮膚は豊満なバストを持つ人と同様、ハリがなくなります。すると、ゆるんだ皮膚と共に下へと垂れてしまいます。見た目もデコルテは骨と皮の状態になり、しぼんだ水風船のような状態になっています。
<授乳後、小さいバストもより小さくなる>
妊娠するとバストが大きくなる事は知られています。期間限定の豊満なバストに喜ぶ人もいるでしょう。しかし、期間限定の豊満なバストの代償に、妊娠前よりもさらに小さくなったバストが待っているのです。卒乳した後、少しの間は母乳が生産されるため、まだハリも残っているバストなのですが、みるみるしわしわのバストになって、妊娠前のブラジャーがカプカプになっているのです。悲しい事に、妊娠前よりも小さくなったバストは、Aカップだった人はAAカップになっていてもおかしくありません。こうなるとブラジャーをしている意味がなくなり、つけない人も多いです。
補正下着で垂れ乳を改善
<小さいバストでもケアは大切>
もともと小さいバストだからとケアをしていないと、さらにバストは小さくなります。小さなバストのケアは、豊満なバストの人とは違います。バスト周りの皮膚にハリを持たせる必要があるのです。小さなバストは脂肪の容量が少ないです。したがって皮膚にハリを持たせるだけで、持ちあげる事ができるのです。乾燥しないようにクリームを塗るだけでも変化を感じます。
<流れていくバストの脂肪>
妊娠をきっかけに、ノンワイヤーのブラジャーに変える人も多いです。母乳の出をよくするには血行を良くする必要があるので、締めつける下着はNGになります。したがって、妊娠中、授乳中はノンワイヤーがベストです。しかしバストにあった脂肪は、次第に背中へ脇へ下腹へと流れていきます。これは、普段スポーツブラやブラつきタンクトップなど楽なブラをつけている人も同じです。
<脂肪をバストに集めよう>
流れた脂肪をバストに集める事で、痩せたバストを元に戻す事ができます。なかなか脂肪がバストへ動いてくれないと感じる人は、バスト周りが固まっている可能性があります。バストの脇や下を軽く揉んだ時痛みがあるならば、その部分をほぐす事で脂肪が流れやすくなります。また、通常のバストは柔らかく脂肪も動きやすいです。触ってみて硬かったり、バストの際に塊を感じるようであれば、血行が悪くなっています。痛みは多少ありますが、揉みほぐす事で血行が良くなりふっくら柔らかなバストになります。そして、背中やワキ、下腹から毎日のお風呂タイムで脂肪をバストへ流しましょう。脂肪をバストへ流すイメージができていれば、やり方は簡単です。小さいバストでもハリのある柔らかいバストを手に入れましょう。