バストアップ効果のある食べ物はあるのか?

バストアップ.com

バストアップ

バストアップ効果のある食べ物はあるのか?

「胸が小さい」というだけでコンプレックスに思っている女性は多くいます。
バストが大きいと女性としての色気が増したり、合コンなどの出会いの場で男性陣からの人気を博したりとメリットが多いのも魅力の一つでしょう。
そのため、ひそかにバストアップに励み、マッサージや体操をしたり、バストアップサプリメントを試して見た方もいるでしょう。
効果のほどは人それぞれかと思いますが、実は、毎日、口にする食事を変えるだけでバストアップする方法があるのです。
そもそも、バストは脂肪でできており、乳腺を保護するようについています。
そのため、乳腺が発達してくると自然とその胸周りの脂肪も増えて、豊かなバストが作られるのです。
つまり、バストの大きさを左右するのは、乳腺の発達と脂肪の量によるのです。
では、乳腺を発達させるにはどのような食べ物を摂取するのが良いのでしょう。
一つ目は「ボロン」が含まれた食材です。
ボロンには女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌を高める働きがあります。
しかも、胸の脂肪だけを増やしてくれるというありがたい効果があるのです。
ボロンを含む食材は、リンゴやブドウなどの果物、大豆やアーモンドなどの豆類、わかめやヒジキなどの海藻類などです。
このボロンは熱に大変弱いので、生で摂取するのがおすすめです。
二つ目は、「大豆イソフラボン」が含まれた食材です。
女性ホルモンの似た作用をする大豆イソフラボンのことはご存知の方も多いでしょう。
大豆、納豆、豆腐や枝豆、グリンピースなどに含まれています。

また、発酵食品である味噌にも多く含まれているので、バストアップのために毎日、お味噌汁を飲んでみるのもよいでしょう。
最後は「乳製品」です。
乳製品は、良質なたんぱく質を多く含んでおりお肌の粘膜を保護する作用もあるので、美肌効果も期待できます。
摂取することで、バストアップはもちろんのこと憧れの「美乳」にも近づくことができます。
バストアップをするには、この三つのバストアップ食材をまんべんなく摂取することが大切です。
こうした食材は、女性ホルモンの働きを整える役割がある食材ばかりですから、バストアップしながら美しくなれるのも魅力です。